住宅ローン・自動車ローンの審査に通るには

住宅ローン・自動車ローンの審査に通るには

住宅ローンにしろカードローンにしろ、どんなローンにも、借り入れの際には審査があります。
借りる側にとってはとても気になる審査基準とは、具体的に、どんなものなのでしょう。

まず、住宅ローンの審査基準を見てみましょう。
通常、最も高額な借り入れとなる住宅ローンは、審査基準も最も厳しくなります。
一般には、返済比率が35%を超えると、なかなか審査が通らないようです。返済比率とは、下記の計算方法で割り出すのですが、「その他の年間返済額」とあるように、車のローンなど他の借入金も計算の際に含まれます。

返済比率=(住宅ローンの年間返済額+その他の年間返済額)÷年収

次に、自動車ローンを見てみましょう。
この場合、金融機関ごとに審査基準が異なりますが、当然のことながら、金利の低いものほど審査基準は厳しく、金利が高いものほど審査基準が甘くなります。前者を左に、後者を右に並べると、以下のような順になります。

銀行→JA・労金→ディーラーローン

多くの銀行では、年収の1/2以内の価格の車が、最大枠の基準となります。ただし、これは他社からの借り入れのない場合ですので、注意しましょう。有利に借り入れするには、他社からの借入を完済して、自分の財政状況を改善してから申し込むと、審査も通りやすくなります。

Copyright(C) カードローン All Rights Reserved.