教育資金の不足を補う方法は?

教育資金の不足を補う方法は?

子供の大学進学時や専門学校の受講料など、教育資金をローンで賄う家庭も多いようです。
が、一足飛びに教育ローンを利用する、と決めつけてしまう前に、教育資金の不足を補うためには、大きく分けて3つの方法があることを知っておきましょう。

1.奨学金
日本学生支援機構(旧日本育英会)が貸与するものをはじめ、各自治体、企業、学校、財団など、多くの種類があります。貸付には保護者の年収や子供の成績が求められるものもあり、無利子・有利子のものがあります。進学する学校や利用できる奨学金について、よく調べてみると良いでしょう。

2.公的な教育ローン
教育資金を補うためのローンとして、国が貸し付けるもので、民間のものに比べると金利は低めです。さらに、無担保で借りることが可能ですが、金額が一人につき200万円までと定められていますので、注意しましょう。また、財形貯蓄を行っていれば、「財形教育融資」も利用することができます。

3.民間の教育ローン
労働金庫や銀行、JAなどが扱っているもので、自由度が高く、種類も様々なものがあります。公的な教育ローンに比べると金利は高めですが、借入できる金額の上限も高めとなります。無担保と有担保、固定金利と変動金利があり、返済方法も多種多様です。商品によって特徴が異なりますので、よく調べてみると良いでしょう。奨学金や国の教育ローンで支払いが期日までに間に合わない場合、あるいは、金額が足りない場合など、民間の教育ローンで補うと良いかもしれませんね。

    Copyright(C) カードローン All Rights Reserved.