学生ローンは教育ローンとどう違うのでしょう?

学生ローンは教育ローンとどう違うのでしょう?

言葉の響きからか、学生ローンと教育ローンを同じようなものとして捉える方も多いのですが、両者の性質は全く異なるのが実情です。

学生ローンは学生に向けて貸付されるものですが、これに対して教育ローンは、学生の保護者を対象としています。

ですから、貸付金額の上限も、国の教育ローンの場合では、学生・生徒一人につき300万円まで、民間の教育ローンでは、もっと高額な貸し付けが可能です。が、学生ローンでは、一般に、限度額は50万円程度と、かなり定額です。

また、学生ローンは消費者金融の部類に入りますから、利率も教育ローンよりは格段に高いものになってしまいます。民間の教育ローンでさえ、金利は学生ローンよりもずっと低いのです。
その一方で、教育ローンがその使い道を入学金や学費等に限定しているのに対し、学生ローンは生活費やレジャー費など、使途の自由度が高い点が特徴です。

さらに、教育ローンと奨学金との違いについていえば、奨学金は借入した人も返却する人も学生です。保護者は、連帯保証人という立場となります。
教育ローンは保護者が借入し、保護者が返済していくものです。

使い道が学費や入学金といった同じ内容のものでも、ローンの内容は大きく異なりますので、注意しましょう。

    Copyright(C) カードローン All Rights Reserved.